読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストイックとプロフェッショナル

ストイックに。プロフェッショナルに。

いい努力

山梨広一さんのいい努力という本を読みました。


山梨さんはマッキンゼーで25年間コンサルタントとして活躍され、今はイオンの顧問やLIXILの取締役をされている方です。


本の中で、とても印象に残ったのは、「チェアマンズ・エレベーター・クエスチョン」のこと。

もし、クライアント先のエレベーターでたまたま先方の役員と乗り合わせ、どういう改革が必要か問われたら、必ずその時点の結論を簡潔に伝えられるようにする。

それも自分の担当だけでなく、チーム全体としてのA社の改革案の仮説を答えられるようにしとく。

たとえ新人でも、常にプロジェクトの全体像を見ていなさい、ということ。

常に考えるということは、仮説構築力をつける訓練の鍵だということ。

考え続けることなしに、いい努力は決して生まれないとのこと。


とても共感できます。

私も常に意識し続けたいと思います。