ストイックとプロフェッショナル

ストイックに。プロフェッショナルに。

小林麻央さん訃報

昨日、小林麻央さんが亡くなった。

キセキを願っていたが残念でならない。


ブログ「KOKORO」を拝見してきて、人の心はここまで強くなれるものかと思った。

麻央さんの魂はほとんど仏様の域に達していたのだろう。美しく輝く魂に。

そして亡くなった後も、海老蔵さんやお子さんたちを温かく見守るのだろう。


あなたが虚しく生きた今日は

 昨日死んでいった者が

  あれほど生きたいと願った明日


1日1日を大切に生きようと思う。


欲との戦い

私達は日々、欲との戦いを迫られる。

通勤途中に缶コーヒーが飲みたい、営業途中でカフェでサボりたい、手をつけないといけない仕事があるのに後回しにしたい、帰りに一杯飲んで帰りたい、イライラするからタバコを吸いたい、夜遅くに甘いものが食べたい、寝る前にスマホSNSをチェックしたいなどなど。


こういった欲との戦いに一つひとつ勝つこと。

意識して勝つこと。

自分の意識次第で絶対に勝てる勝負であることを意識すること。

成功を望むなら、それを積み重ねるしかない。

乗り気じゃないときに全てが決まる

乗り気じゃないときに、やるかやらないかで人生が決まる。


気合と根性で乗り気じゃないけど無理やりやるか、テクニックを使って乗り気にしてやるか。方法はどっちでもいい。


いずれにせよ、やらないことには成功はない。

覚悟すると好転する

最近、不思議なことがあった。


自分にとってかなり不都合なことが起きることがほぼ決まっていたのだが、腹の底から「仕方ない。これも人生。おとなしく受け入れよう。」と覚悟した次の瞬間、その不都合なことがなくなった。(一度、決定していた人事が直前になって変更された。)


実はこういったことが度々ある。


逆もまた同じで、嫌なことから逃げようとすると、ずっと追いかけてくる。


何か大きな力が働いているとしか思えない。


人生は不思議なものである。

布団から起き上がれないとき

体がだるく、布団から起き上がれないときがあると思う。


そんなときは体内の気の流れを良くすればいい。


ではどうすれば気の流れがよくなるのか?


色々な方法があるが一番簡単なのは、両足の裏を合わせ、脚でひし形を作り、股関節を伸ばす方法。


この状態で亀息法で呼吸を整えると、みるみるうちに丹田に気が溜まり、全身に力が漲ってくる。


1日1日を充実したものにしたい人はぜひ試してみてほしい。


スマホ、カッコ悪い

スマホを弄る姿は美しくない。


それだけでスマホから距離を置く動機として十分じゃないか?


それでもやる気がでないとき

3日前のエントリで、どうしてもやる気がでないときの対処法をかいた。

しかし本当にどうしようもない状況では効果はないかもしれない。

そんなときは最後の手段。自分ですることを放棄する。

呼吸を鎮め、真言を唱える。真言は虚空蔵真言でも不動明王真言でも何でもいい。

すると自我が弱まり、真我が動きだす。

何か知らない力が働き、仕事が勝手に終わっている。

優れた作家が、「気付いたら作品が出来上がっていた」というアレだ。

この感覚が摑めると世の中が少しも辛いものではなくなるから不思議だ。